だぶるけいの活動日記♪

その日、ふと思ったことや感じたこと、また気付いたことなどを何となく書き留めている日記のようなものです・・・

日曜日の午後は(トールペイント教室のあと)美容院へ行ってきました。

今回はカットとパーマの予定だったので、いつもより早め(の15時)に予約を入れ、
さらに担当スタイリストのKさんも指名して準備はバッチリです(^^)。
ただ、トールペイント教室終了が(私のせいで)遅くなってしまったので、
一旦帰宅して昼食をとってすぐ美容院へと向かいました。

予約時間の数分前にお店で受付を済ませ、待つことしばし。
席に案内された私は、Kさんが来る前に恒例のアロマハンドマッサージをしてもらいました。

今回、アロマ担当はお初の方だったのですが、しっかり力を入れてくれたので
かなりいい感じでした(→結構ツボやスジに効きました)。
何気に疲れが溜まっていたせいなのかも知れませんけど(苦笑)。

ちなみにアロマオイルは11種あるうち(フレーバーティーで一番いい香りだった)『クランベリー』をセレクトしました。

「クランベリーってご存知ですか?これってブルーベリーやラズベリーなどの『ベリー系』の中では一番、栄養価が高いものなんですよ♪」
などの解説をしちゃいましたが次回はぜひ、お客さまへこの話をしていただければ・・・(笑)。
(ベリーで思い出しましたが、私の持っている携帯(P252is)のカラーも『ぶるぶるベリー』です♪)

アロマの後、シャンプーをしたのですがその際、Kさんが
「全自動シャンプーっていうのがあるんですけど、どうです?試しにやってみます??」
というので、新しもの好きの私は迷わずお願いしちゃいました。
ということで早速、全自動シャンプーなるものに初トライです
(→お店にはどうやら以前からあるみたいなんですが)。

シャンプー直前「ところで『全自動』ってどんな感じなの?」とKさんに訊いたところ
「ちょっとだけくすぐったいかも知れませんね。もし我慢できなかったら手を挙げてください(笑)。」なんてことを言うじゃありませんか!
くすぐったいのは一番苦手な私ですが、今さら後には引けません(んなことないない・・・汗)。

・・・数分後、無事シャンプーを終えました。
感想ですが、ひとことで言うとやっぱり「ちょっとだけくすぐったかった」ので、
その後のシャンプーは手洗いに戻してもらっちゃいました(^^;。

全自動シャンプーのメカニズムをKさんに解説してもらいましたが、要するに手で洗う代わりに数箇所に空いている穴から出る水圧で洗っていました。
そしてその強弱の加減で頭部がくすぐったく感じることが分かりました(くすぐったがりの私だけかも知れませんが)。

シャンプー後、「今回はどんな感じにします?」とKさんに訊かれた私は迷わず
「月9の『ラストクリスマス』に出演してる玉木宏さんみたいに・・・って言いたいところだけどこの硬~い髪質じゃムリだもんねぇ。」と軽くジャブを入れてみました。
が、なぜか無反応(涙)。

訊くとこの業界では月9の時間に帰宅できないそうで(閉店後にカットなどの練習があるそうです。しかもサービス残業らしい。)『ラストクリスマス』は観ていないそうでした。
あんなに素敵なドラマなのに観れないなんて・・・うーむ、残念(苦笑)。

「とりあえず、これから寒くなるんで今回は襟足は切らないようにして全体的に(すいて)軽くして欲しいなぁ。
ただ、それだと襟足が重たくなっちゃうから(しかも逆毛だし)今回はそこにもパーマをかけてボリュームダウンする感じでお願いします。あ、雰囲気的には若造り&カワイイ系で♪」
などという、訳のわからないリクエストをしちゃいました(汗)。

今回も(福岡県出身の)Kさんとは九州談義で盛り上がりました。
九州ではポピュラーな存在の『博多とおりもん』(コクのあるバター入り白餡が絶品のめっちゃ美味しいお菓子)とか、明太子の話とか・・・

そこで今回は(関東ではマイナーですが九州ではメジャーな讃岐うどん店の)『WEST』のことを訊いてみました。
するとやはり九州ではメジャーな存在らしく、上京前は良く食べに行ってたそうです。逆にこちらではメジャーな『山●うどん』に行ったことがない、とのこと。

私は思わず、「WESTの方が断然美味しいから、食べに行かなくて正解かもね。」と言ってしまいました(山●うどん関係者の方、すみません・・・)。
麺のコシや食感はWESTの方が上だし、何よりダシベースの味付けもGOODです。
もっとも、醤油ベースが好きな人は『山●うどん』の方が合ってるかも知れませんけど。

あ、だいぶ話が脱線しちゃいました(汗)。


今回はカットの前にパーマをかけるとのことだったのでその準備をしていました。
その途中、Kさんがそっと私に耳打ちしました。

「実は私・・・」

この一言でピンときた私。

『その後は言わなくても大体分かりますよ。もしかして・・・ここ、やめちゃうんでしょ?』
「え、ええ。。年内でやめちゃうっていうか、実家に帰るんですよ。」
『実家って福岡だよね。だとすると、もしかして寿退社とか??(笑)』
「・・・ならいいんですけど残念ながら違うんですよぉ(苦笑)。何かこのままだとやりたいことが出来なくなってしまいそうで・・・」
『やりたいことって?』
「早く運転免許も取りたいし、海外にも行きたいし・・・でもこの業界はまとめて休みが取れないので、例えば旅行とかは国内で一泊が精一杯なんですよ。」
『じゃあこの業界からはすっぱり足を洗うの?こんな良い技術を持ってるのにもったいないなぁ。』
「やめるかどうかはまだ決めてないんですけど、一旦実家に帰ってしばらく充電するっていうか自分の足元を見つめ直すっていうか・・・あ、この話はオフレコですよ。」

・・・予想通りでした(汗)。

宝クジなんかはなかなか当たらないんだけど、こういうのだけはよく当たるんだよなぁ。
ということで、次回からはまたまた他のスタイリストさんになることが決定です(涙)。

最初のSさんは3回担当してもらった後、異動になってしまったし、その後のMさんは一度担当してもらって次に予約したときちょうど休みだったんだよなぁ。
で、その時「じゃあ代わりの方でお願いします。」となったとき『たまたま』担当してくれたのがKさんだったのです。

そのとき、思ったよりも良い感じに仕上げてくれたので、それ以来ずっとKさんにお願いしていました。
顔見知りにもなったし、「今度こそしばらくは安泰だ♪」と思っていたのでちょっと残念な気持ちでした。

このことを話すと彼女も「私もKさん(=私のこと)みたいに仕事しながら楽しく話せるお客様ってあまりいなかったので・・・」と嬉しいことを言うじゃありませんか!
・・・っていうかこんなキャラなんで(ははは・・・汗)。

『そうすると今後は誰を指名すればいいかなぁ?誰かお勧めの人っている??』
「Mさんがいるじゃないですかぁ。先輩ならバッチリですよぉ!」
『あ、そっか!Mさんがいるじゃん♪』
「先輩にはしっかり引き継ぎをしておきますから安心して下さい(^^)」

何を隠そう、MさんはKさんの先輩でとっても仲がいいんです。
技術が確かなことはもちろん、何気にクルマの話に付いていけるのでそういう意味でも安心だし(笑)。

さらには以前一度担当してもらっただけなのに顔見知りで、仕事中に私とムダ話をしてしまうナイスなキャラ(苦笑)。
ただ、トップスタイリストだから指名料(700円)が掛かってしまうのが玉にキズなんですけどねぇ(^^;。
とにかく今後のことはMさんに託せばひと安心、ということで一件落着です(笑)。


・・・そして3時間後(汗)。

仕上げのカット&『手洗いシャンプー(笑)』が終わりこの日の全工程が終了です。
どうやらリクエスト通りの髪型に無事、仕上がった模様です♪

レジで支払いを済ませた後の帰りがけ、Mさんが出て来たので
『それじゃ実家に戻っても頑張ってね♪』と声を掛けると、
「免許、無事取れたらMさんに報告しておきます!色々ありがとうございました!!」
と答えてくれました。

Kさんはまだ若いけど、自分をしっかり持っているからきっと大丈夫。
今後の彼女にはより良い人生が待っていることでしょう。

・・・と心の中で彼女にエールを送る私でした♪


ただ・・・

それに比べ、未だフラフラしている自分って(汗)。
もう若くないけど色んなことをもっともっと頑張っていかなきゃ!

・・・と心の中で自分にエールを送る私でした(苦笑)。
スポンサーサイト

昨日は待ちに待ったトールペイント教室の日でした。

朝食のあと、前日やり残したベタ塗り作業や池の掃除&庭の水撒きをしてたら、あっという間に9時を過ぎていました。
着替えてトールの道具の準備をして10時ちょっと前にお店に到着しました。

教室は今回も私一人なので(って言うか無理やり日曜開催にしたので他に生徒さんがいないというのはここだけの話です・・・汗)、今回も前回と同様の作業をしました。

その作業とは『シェード(ぼかし)』です。
主にベタ塗りした部分の影を出すためにシェードを入れるのですが、これが何回やっても難しいのです。

先生は相変わらず『いとも簡単に』やっちゃうんですけどねぇ・・・。

筆全体に含ませる水の量と端に絵の具をつける量の2つがポイントなのですが、この加減がなかなか上手くいかない。
まず水が多すぎると色がつかないし、少なすぎると絵の具が偏ってしまう(=塗り始めが濃くなって、その先が薄くなってしまう)のです。

絵の具についても同様で特に多すぎた場合、影というよりベタ塗りになってしまうのです。

さらに影だけではなく、ハイライト部分にも明るいシェードを入れなくてはいけません。
物体には、陽が当たると必ず暗い部分(影)と明るい部分(ハイライト)があるわけで、そのコントラストを上手に出すために色々な部分にシェードを入れなくてはいけないんです。

そして気がつけば時間はあっという間に12時を廻っていました(汗)。
しかしながら作業はちっともはかどらず・・・(涙)。

結局、先生のご好意で13時近くまで作業をしちゃいました。
先生にはホント、感謝感謝です!!(^^;

もっともまだ全部塗り終わったわけではないので、次回までには残った部分『すべて』にシェードを入れる宿題が課せられました(汗)。
正直、自信がありませんが今はただ『前進あるのみ』なんで・・・。

で、その次回なんですが、アメリカンではなく(一番最初の教室のとき習った)アッセンデルフトの復習をすることにしました。
と言うのはアッセンで使う、筆遣いの基本テクニックはアメリカンでも必要だということが分かったからです。
特に『Cストローク』などは必須と思われます。

幸い、材料はすでに下塗りまで済んでるもの(=先週、いとこにアッセンデルフトの描き方を教わろうと画策してたハンガー)が手元にありますし(苦笑)。

・・・ということでいい加減、アッセンの描き方マスターしないと(汗)。

ちなみに次回開催は12月28日。

約1ヶ月のインターバルの間にシェードのテクニックを磨くのが、次回までの目標です・・・が、これがまた難しいんだよなぁ(^^;

今日はクルマ好きな人でないと分からない話ということを最初にお詫びしておきます(汗)。

数日前、愛車のリヤフェンダーの爪折りをしてもらいました。

というのは、今年3月に念願のサスペンション交換(と言ってもスプリングのみですが)により、車高を落としたのですが、それと引き換えに右リヤフェンダーとタイヤが接触するようになってしまったからです(何故か右だけ・・・)。

と言っても実際に当たるのは、右リヤシートに人が乗ったときとコーナーを攻めている時で、通常の運転時は特に支障がなかったのでそのままにしていました。

それは9月にタイヤ&アルミホイールをノーマルの17インチから『カッコいいけど乗り心地の悪い(汗)』18インチに交換した後も変わりませんでした。
タイヤを見ると、当然のことながらフェンダーと接触していた部分のゴムには傷がついていました。

うーん、さすがにこのままじゃマズイ・・・

そんなある日、会社の整備の者が『フェンダー爪折り機』なるものを手に入れたという話を聞きました。
どんな感じで折るのかなどを聞いてみると、意外に簡単らしい。
それなら私のクルマの爪折り加工もお願いしちゃおう!・・・という次第です。

頼んだ数日後(の昼休み)に早速、作業開始です♪

まずリヤタイヤを外して、爪折り機をセットします。
そしてフェンダーアーチの丸みにあわせて爪折り機を往復させてローラー部で徐々に折り曲げていきました。

30分ほどで、あっという間に作業は終了しました。

タイヤを付けてリヤフェンダーに手を入れてみたところ・・・
それまでは第1関節までしか入らない程度の隙間だったのが、奥まですっぽりと入るようになりました。
加工前に比べ、だいたい1cmくらいは内側に折り込めた感じです。

これでとりあえずは一安心!のはずだったのですが・・・

通勤時のある道路で(スピードを上げて入っていくと)必ずタイヤがフェンダーに当たる音がするのですが、その場所で早速試してみました。

が・・・(アクセルオンの後)「ガリッ・・・(汗)」

あれれ、この音は・・・?
もしかして、ま、まさかっ・・・??

・・・そうなんです、まだどこかが当たっているみたいなんです(しくしく)。
そうなるとあとはアライメントを取り直すしか手はありません。

そしてアライメント作業をするのには約数万円の出費が(涙)。
2月に車検が迫っている我が愛車。これ以上はお金を掛けられません。

仕方がないので、しばらくの間このままで様子を見ることに・・・。

せっかく爪折りしたのに、あ~残念!(・・・by波田陽区)

20041127141522
明日のトールペイント教室用の宿題のベタ塗りです。
一日中やってたのでさすがに疲れました(汗)。

今日は朝から一日トールペイントの宿題(のベタ塗り)をしました。

というのも明日の10時にトールペイント教室があるからです。
結局、前回の教室から何一つ作業をしなかった私(汗)。

というより今週は土曜、日曜が連休だということが分かっていたので(外出予定のない)土曜日に宿題をやればいいや、ということもあったのですが。
ただ、長時間作業をしているとどうしても疲労の影響で集中力が落ちてしまうので、息抜きにネットサーフィンなどをしながらの一日でした。

そのおかげで、一部はまだ完成しませんでしたが先生から言われた宿題の大半を終えることが出来ました。
とりあえずこれで安心して明日の教室に臨むことが出来ます(^^)。


話は変わりますが、今日パソコンを預けていたお店から電話がありました。

てっきり修理完了の連絡かと思ったのですが・・・
電話口でとんでもない言葉が耳に入りました。

「遅くなって大変申し訳ありません。」
『キーボード交換くらいでどうしてこんなに時間が掛かっているのですか?』
「それがですね・・・実はHDDエラーが出てまして。」
『ええーっ!!、マ、マジですか!!!』
「つきましてはお客様のデータのバックアップを撮るために一度お返しして、その後改めてHDDの修理をさせて頂きたいと思います。」
『HDD修理って言うことは、交換するっていうことですよねぇ。』
「はい。週明け早々の予定となります。誠に申し訳ございません。」
『・・・分かりました。』

・・・ということでキーボード修理で預けたはずの『だいなぶっく君』ですが、どうやら購入一年未満でHDD交換の憂き目に会うことが決まりました(涙)。
『HDD交換』ということはそれまでのデータをすべて移し変えないといけない訳です(め、面倒だなぁ・・・)。
さらにその中で一番やっかいなのがHP関係です。

何で一年足らずでHDDにトラブルが出るんだよ(怒)。
っていうかHPの初期設定、どうやったかなんてもう忘れちゃったよ~(泣)。

とりあえず『いったん』手元にメインパソコンが戻ってくることになりました。
が、あくまでそれはHDD交換に伴う、データ保存のため。
それが終わり次第、再び修理先へ逆戻りです・・・

はぁ~、一難去ってまた一難。
今から頭が痛いっす(-_-;

昨日は恒例の陶芸教室の日でした。

先週からはそれまでの入門コースからワンランクアップした初級教室がスタートし、最初の課題として『湯呑み5客セット』を造り始めています。
湯呑み自体は一番最初に造ったときと同じようにすればいいので、特に変わったことをするわけではありません。

問題なのは『同じ大きさ』で造ることです。
最初の1客目は大きさのことは考えないで造れましたが、2客目からはそうはいきません。
果たしてうまく出来るのでしょうか・・・?

その前に先週の続き(底部の仕上げ)をしました。
幸い、この部分は以前の記憶が残っているので比較的スムーズに出来ました。

その後(造りかた自体を未だ完璧にマスターしていないことをちと心配しつつ)、2客目の湯呑み製作に取り掛かりました。。

前回、どれくらいの量の粘土で紐や底部を造ったのかを思い出しながら始めたはずなんですが(そうしないと同じ大きさにならないんで)、どう見ても今造っているものの方が大きなサイズになりそうな気が・・・(汗)。

かといって今から造り直す時間はもう、残っていません。
密かに動揺しながら仕上げましたが、またまた初心者の悪癖である(上部に行くにつれて直径が大きい)『コップのような作品』になってしまいました(涙)。

結局、見かねた先生に全面修正してもらうことに・・・(涙)。
おかしな形だった湯呑みが見る間に『湯呑みらしい形』に変貌していきました。

その間約10分。まるで湯呑みに魔法が掛かっていたかのようでした。
さすが先生、お見事です。ビックリです。感動です。

先生、ありがとうございました♪

ただ、大きさだけはいくら先生でもどうにもならないわけで、出来上がった2客はまたもや『めおと湯呑み状態』になってしまいました(涙)。
教室に通い始めて湯呑みは4客目の製作となるので、「そろそろ上手く出来るんじゃないかな?」、と淡い期待を胸に抱きながら始めましたが、その期待は無残に打ち砕かれました(泣)。

今回は自分のあまりのセンスのなさに正直凹みましたよ、ハイ。


教室が終わってから、すっかり顔なじみとなったご夫妻とコーヒーを飲みながら色々な話をしました。

その中で「まだ始めてから3ヶ月目でしょ。私なんかもう何年やっているか忘れるくらいキャリアだけはあるけど、未だに同じ大きさに造れないのよ。
だいたいそんなに簡単にできちゃったら先生がいらなくなっちゃうしね(笑)。」と慰めてもらっちゃいました(苦笑)。
 
確かにその通りなんですけど、せっかく始めたことだから上手く造れるようになりたいし・・・

そうですよね、次回頑張ればいいんですよね!
うん、次回頑張ろう!!

凹んだ気持ちはすっかり記憶の彼方へと飛んでいった模様(笑)。
立ち直りが早いっていうか、単純なやつです・・・私(^^;

キーボード交換のため、メインパソコン(のだいなぶっく)を購入店に預けてから早くも2週間近くが経過しました。

日記のUPやネットサーフィンはサブパソコン(パナソニックのLet's note)でも出来るからいいんですが、問題なのがHPの更新とメールチェックが出来ないことです。

特にHP更新が出来ないのはかなりの問題で、先週からの陶芸教室&グルメレポートネタがどんどん溜まってきています。

以前、初期トラブルでメインパソコンを修理に出したときは数日で手元に戻ってきたので、今回も(キーボードを交換するだけだから)1週間もあれば直ってくるだろう・・・という軽い気持ちで修理に出したのに、未だ手元に帰ってこないのは予想外のことでした。

それに加えて、パソコンのメールチェックが出来ないのも困ったものです。
短い文章なら携帯メールでも事足りるのですが、docomoだと1送信あたり500文字という制限があるので言葉足らずになってしまい、思い通りの文章にならないのです。

送信するだけなら地道に何回かに分けて送ればいいからまだいいのですが、受信する時も同じように文字数制限があるので相手がパソコンで送信してきたとき、肝心の後半部が受信できずに困ったこともありました。

とにかく13日に修理に出してからは、『誰から』『どんなメールが』『何通くらい届いているのか』、がさっぱり分かりません(涙)。

こんなことなら無理して修理に出さなければ良かった、と後悔するも後の祭りです。

手元に戻ってくるのを気長に待つしかないことは分かっているのですが元来、短気な性格なんで果たしてあとどれくらい我慢できるのやら・・・
っていうかすでにキレかかってますけど(苦笑)。

毎週、楽しみに見ている月9の『ラストクリスマス』ですが、先週あたりから見ていて歯がゆい展開になってきています。

特に今週は「何やってんだよ!」っていうことばかりでそれぞれのカップル(特に健次と由季)の背中を押したい気分でいっぱいでした(苦笑)。
こうして終盤戦へ向けてストーリーを盛り上げていく作戦なんでしょうが、それにまんまとはまっているような気が・・・(汗)。

っていうか矢田ちゃんにはまってるんで(←アホです・・・^^;)。


・・・ところで、「クリスマスと言えばケーキじゃん!」ということで昨日の仕事帰り、まだちょっと早いんですが地元の不二家でクリスマスケーキの予約をしてきました。

お目当ては、クリスマスケーキを予約するともらえる『ペコちゃん皿』です。
と言っても私が欲しいのではなく、妹のためにGETしているんですけど(苦笑)。

また、予約と言っても『限定何個』とかそういうものではなく、ごくごく普通のケーキです。
あ、サイズだけは一番大きいものを選んでますけど(汗)。

予約票に名前を記入して「さて帰ろうか」と思ったとき、何気なく前を見ると『18日~23日限定』のチョコレートケーキが目に入りました。
23日っていうことは・・・おおっ、今日までじゃん!
しかも限定モノ。

さらにさらに価格は『創業祭特別価格』の1ホールな、なんと1200えん!
これはお値打ち価格!!そして残りはあと1個っ!!!

・・・結局購入してしまいました(またまた衝動買いっす・・・汗)。
あーあ、クリスマスケーキの予約のため『だけ』に立ち寄ったはずなのになぁ(苦笑)。

とはいえせっかく買ったチョコケーキです。
夕食後に早速、半分頂きました(ケーキは別腹だし♪)。
と~っても美味しかったです(^^)。

そして残りの半分もさっき食べ終わりました♪
やっぱ不二家はチョコレートケーキが一番美味しいことを再確認しました(^^)。


が・・・

こんなことばかりしてるから体重50kg台へのシナリオは夢のまた夢となってしまうわけで・・・(涙)。

今日の体重・・・計るのやめとこ(爆)。

世間では『勤労感謝の日』のようでしたが(祭日は親会社の工場が通常稼動なので)私は『世間とは関係なく』今日も普通に仕事してましたよ、ええ・・・(涙)。

ところで日曜日のモブログ(携帯からの書き込み)でお分かりの通り、一昨日は日帰りで長野へ行ってきました。
目的はこれまたモブログの写真でお分かりの通り、りんご狩りでした。

ただ、それ以外にもう一つ密かに狙っていたことがありました。
それはいとこにトールペイントを教えてもらうことでした。

いとこはトールペイントの講師の資格を持っていて、昨年、妹がクリスマスプレートの描き方を教わっているとき『ついでに』表札を描いてみたことがきっかけとなり、私もこの世界に足を踏み入れることになったのです(苦笑)。

ただ、いとこが得意とする『アッセンデルフト(一筆で一気に描きあげる手法)』は花などを描くのには良いのですが、私が描きたいジャンル(建物や船などの景色)は『アメリカントール』という手法でないとうまく描けないのです。

幸い、地元でアメリカントールの先生を見つけて今秋から教室に通っているのですが、アメリカンで描いているうちにアッセンの描き方をすっかり忘れてしまったので(汗)、長野に行ったついでに復習を兼ねていとこに軽く教わろうかなぁ、と画策していた訳です。

お昼過ぎにりんご狩りが終わってから、昼食後あたりからトールを教わろうと思っていたのですが・・・気がつけばいとこがいない!
・・・どうやら午後からお出掛けの模様(汗)。

結局、下塗りしてあったハンガーはそのまま持って帰ることになりました(涙)。

でも、そんなことではくじけません。なぜなら・・・

またまた(地元の)先生に頼み込んで今度の日曜日に急遽教えてもらうことになったからですっ!

本来の次回の予定は、12月はすべて土曜出勤になってしまったため、暮れの(12月)28日になっていました。
そうなると前回(11月6日)からは2ヶ月近く空いてしまうということで、その間にどこかで1回教えてもらえないかをダメ元で頼んでおいたのですが、この度先生より「28日なら日曜日でも大丈夫ですよ。」、とのお返事を頂いたのです!!

これで前回から描き始めたティッシュボックスを進めることが出来ます♪

ただ・・・

ウエルカムボードのときと同様、前回から何ひとつ作業を進めていないので(汗)前回、先生に言われた宿題(のべた塗り)が終ってないんです。

いい加減始めないとまた徹夜で描く羽目になるかも知れない訳で・・・これはマズイ。
尻に火が着かないとなかなか動き出さない性格は、ちっとも直っていないようです・・・自分(苦笑)。

17日から昨日(21日)まで5夜連続で放映された(石原裕次郎の生き方を描いた)『弟』というドラマを見た。
『弟』は現在、東京都知事であり裕次郎の実の兄である、石原慎太郎氏の原作をドラマ化したものである。

私がそれまで知っていた石原裕次郎と言えば『太陽にほえろ』以降のものだったので、少年時代を含めた生き方が描かれた内容は大変興味深かった。

母から「若いころの裕次郎はとにかくカッコ良かったんだよ」という話は以前から聞かされていたが、実際ドラマを見て「なるほどその通りだな」、と思った。

ただ、晩年に数々の病気と戦い続けた場面はまともに見ることが出来なかった。
特に肝臓ガンで苦しむ場面は、昨年の父のことが思い出されてつらかった。

(ドラマで出てきた)腹水やそれに伴う高熱、むくみや静脈瘤は肝臓ガン特有の症状で、病魔と戦う裕次郎と父の姿がダブっていた。


一緒に見ていた母も同じ思いだったのか、昨年の思い出をポツリポツリと話してくれた。

7月中旬から体調不良で会社を休んだとき、「今の医院に週2回通っているのだから他の病院には行かない」、と言い張っていた父をどうやって他の病院で診察してもらうか。
そして8月になってやっとのことで他の病院で診察してもらった後、その病院の主治医から(年内の命だと)ガン告知を受けた時の衝撃。

そして、本人にはとても本当のことを話せなかったこと・・・

父が入院してからの2ヶ月間は、とにかく色々なことがありすぎて語り尽くせない。
ただ一つ言える事は(ガンであることは分かっていたのかも知れないが)諦めずに頑張り続ける父に逆に勇気付けられていた、ということだ。

今でこそ、C型肝炎が肝硬変へ進行し、最後に静脈瑠破裂や肝臓ガンになるというプロセスはおおよそ理解できる。
だが、当時は肝炎が肝臓に悪い病気という程度の認識しかなく、薬で治せないまでもある程度は抑えられるものだと思いこんでいた。

父本人も、そして私も・・・

だからこそ4年以上に渡り、近所の医院で週2回、肝臓治療のための点滴を欠かさず受け続けていたのだ。
しかしながら病魔は着々と父の肝臓を蝕んでいて、結局はガンへの進行を抑えられなかった。

いや、それらはあくまで結果論だから百歩譲ってもいい。

どうしても許せないのが、昨年7月に高熱が続いて頭がボーっとしていた父に対し、その医者から
「それでは『頭部』のCTスキャンを撮りましょうか」と言われたことだ。

末期の肝硬変(ガン)に伴う高熱にもかかわらず、なぜ『肝臓』ではなく『頭部』のCTスキャンを撮るのだろうか?
見た目にも腹水が溜まり始めていたことが分かっていたのにも関わらず、だ。

その出来事が起きてからはさすがに父もその医院に三行半を突きつけ、他の病院で診てもらうことに同意してくれた。

だが、もう遅かった・・・

父の死後、その話を聞かされた私はその医師を訴えることも考えた。
「なぜもっときちんと診てくれなかったんだ!」と医者をぶん殴りに行こうとも思った。

でも、いくらその医者を殴ったところで、そして訴えたところで、失われた命は決して戻ってはこない。

哀しいけどそれが現実。

そして残されたものたちはそれらを受け入れながら生きていかなくてはならない。

どんなに過酷な運命だとしても、それが現実ならば受け入れるしかないのだから・・・


『弟』を見終わったあと、そんなことを考えていた夜だった。

20041121054153
りんご狩りのつづきです。
昨年に比べると今年の方がたくさん収穫できました。
ただ、今年は暖かかったせいかまだ、葉が落ちていなくてりんごの実を取るときに邪魔になって微妙にやりにくかったです(苦笑)。

20041121054038
今、長野県にいます。
目的はこの時期恒例のりんご狩りです。
毎年、親戚の方にりんごの木を押さえてもらい、収穫は自分たちで行います。
今年は高い場所にたくさん実っていたのではしごに乗っての収穫でした。

メインパソコン入院中につき、HPの更新が出来ないので陶芸教室のレポートが作れません。

ということで、今日の日記で18日の教室の報告をさせていただきます(笑)。

今回の陶芸教室では、まず最初に前回造ったぐい呑みの仕上げです。
紙やすりで表面を慣らして底にロウ付けをしたあと、絵付けをしました。

コーヒーカップは『ホタル』、マグカップには『ツバメ』を描きましたが、さて今回は何にしようかな・・・?

そこで先生に陶芸のイラスト本をお借りして、いくつかの候補をメモに書き留めてからしばし考えて決めた絵柄は…

『松葉』です。

メモ用紙にちょこっと練習したあとで一気に描きあげ、上薬を付けてぐい呑みの作業は終了しました。


ここで時計を見ると20:30。
まだあと1時間残っていますが・・・

すると先生が一言。

「入門コースはぐい呑みで終わりなので、ここから初級コースに入ります。
まず最初に湯のみ5客を造るんですが、今日はまず最初の1客だけ造ってください。」

「来週は今日造ったものと同じ形で、残りの4客を造ります。
急ぐ必要はありませんから、じっくりと造りあげて下さい。」

同じ形、同じ大きさのものを造ることの難しさはそれまでの教室でいやと言うほど思い知らされている私。
一番最初に造った湯のみ2客なんて、湯のみとぐい呑みくらい大きさが違ってしまいましたから・・・(汗)。


・・・って言うかその前に湯のみの造り方、すっかり忘れてるんですけど(大汗)。

(えっと、確か最初に棒状に伸ばしたものを4本造って、その後手廻しロクロの上で底を造って、そして・・・)

頭の中で必死に思い出しながら、格闘すること1時間。
何とか完成させました。

が・・・

またまたおかしな形になってしまいました(涙)。

最初に造ったときの湯のみ同様、底部よりも上部の方の直径が大きくなってしまったのです。
・・・ということでまたまたコップみたいな形の湯のみになってしまいました(泣)。

これと同じ形のものを造るのはさすがに悲しすぎるので(汗)、次回は同じ大きさのものを目指して造ろうと思います。

陶芸マスターの道は果てしなく険しい、ということを身を持って実感する今日このごろです・・・(^^;

昨日、ものは試しとサブのノートパソコン(パナのCF-B5)を自宅に持って帰り、インターネットコードを接続してみました。

すると…

インターネットに接続できるじゃあ~りませんか!!
違うパソコンでも普通にネット接続できることを今ごろ知った私…(汗)。

これで今後は会社から「こそっ」とBBSへカキコしたり、日記をUPする必要はなくなりました(^^)。
こんなことならもっと早く試してみるんだった…

ただ、サブノートにはセキュリティーソフトが一切インストールされてなかったので、お試し版をダウンロードしてからネットに繋げました。
ということで、今後は自宅でサブノートの方からバンバンネットサーフィン&カキコしま~す♪

とりあえずこれで一安心…ならいいんですけどまだ問題がありまして(汗)。

それは…

『自分のHPの更新が出来ない』、ということです(サブノートにはHP作成ソフトが入っていない)。

うーむ、たかだかキーボード交換に何日掛かっているんだろ??

ということで(購入店の)ヤマダ電●へ問い合わせたところ…
結論から言うと、「納期はメーカーからの連絡待ち」だそうで、もうしばらくかかる、とのことでした。

毎週恒例の陶芸教室も、その前のグルメの紹介のUPもできないんです。
つまりHPの更新ネタがどんどん溜まっていくというわけで…

今から頭が痛いです(涙)。

あーあ、早く戻ってこないかなぁ…

えっと…

私個人のものではないんですけど、またまた衝動買いをしてしまいました(汗)。

昨日の午前中、会社用の新しい収納棚を購入するために某DIY店に行ったところ、特売品の『電気ポット』が目に入りました。
我が家の電気ポットはかなり前からポンプの調子が悪く、珈琲カップ一杯のお湯を注ぐのに十数秒も掛かる始末(苦笑)。

これではさすがに不便なのでいい加減買い換えないとなぁ…と思ってはいたのですが、家を一歩出た途端そのことはすっかり忘れてしまい、帰宅してから思い出す日々でした(汗)。

でも大丈夫!
目の前にある電気ポットがそのことを思い出させてくれました(笑)。

…ということで、その場で早速GET!しました♪

でも、確か…

あと何かもう一つ買い忘れていたような気がするなぁ?

しばし考えたあと、それがシャンプー&コンディショナーだったことを思い出しました!

シャンプーはまだ残っているのですが、ペアで使っているコンディショナーの方が残り少なくなっていて、一週間くらい前から何度もポンプを押さないと出てこない状態でした。
これまたすぐさまGETしました(笑)。

それまでは『ラックス・スーパーリッチ』を使っていましたが、今回は『エッセンシャル(ダメージヘア用)シャンプー&コンディショナー』をセレクトしてみました。
パッケージには『毛髪保湿成分のセラミドES配合』なぁんて書いてあったけど、セラミドESって一体何者なんだろ??
まあ、サラサラヘアになってくれればそんなことはどうでも良い話なんですけど(笑)。

…で、なぜそんなことを気にしているのかと言うと(特にここ最近)パーマ&カラーの影響なのかとにかく枝毛がひどくてどうしようもありませんでした。

現在のところ、カラー用の専用品(ビューティーラボ美容液)を毎朝髪につけてどうにかごまかしている、という感じです。
朝は1分1秒でも多く眠っていたい私ですが、これ以上ひどい状態のなるのはさすがに忍びないので、面倒でも仕方がありません。
でもこれもつけてから半日くらいしか持たない…


『ダメージヘア用』と銘打ってある商品ならある程度改善されるかもしれない…という密かな期待を持ちつつ購入しましたが、
果たしてどれくらいの効果があるのかは、いずれ明らかになることでしょう(苦笑)。

20041116162527
昨日買ってきたトールペイント用のハンガーに下塗りをしました。
今度の日曜は母の実家の長野県へ行くので、りんご狩りの合間にいとこにアッセンデルフト(描き方の手法)を教わろうと画策しているものですから(汗)。

おととい、クルマを走らせていたらある『コーヒー店』が目に入りました。

久しぶりに通った道だったので、そこに店が出来ていたことは知りませんでした。
そこで「どんなコーヒー店だろう?」と思いつつ、早速クルマを乗り入れました。

店内に入ると和の雰囲気。

そしてメニューを見るとコーヒーだけではなく、ハーブティーや中国茶もたくさんありました。

『ハーブティー』の文字を見たとたん思わずオーダーしそうになりましたが(汗)、ここはコーヒー店です。
ということでまずは無難に(「当店のお勧め」の)『ブレンドコーヒー』をオーダーしてみました。

それにも3種類ありましたが、『甘口』というのにしてみました。
メニュー表には「口当たりがやわらかく、ほのかな甘味が香る…」などと書いてありました(と思う)が実際飲んでみると、なるほどそのとおりの味でした。

うーん、でもやっぱりハーブティーも捨てがたいんだよなぁ…

でも心配ご無用です!
というのはこの店の所在地は私が通っている陶芸教室から数百メートルのところにあるので、木曜日の教室後に立ち寄れるからなんです(笑)。

ちなみに店員さんにいつオープンしたのかを聞いてみたらな、なんと2日前の金曜日だそうで…
どおりでここにコーヒー店があったのを知らなかったわけだ。

営業時間も23時までなので時間的にも問題ないですし…

…とここまで書いておいてお店の名前を書いていないことにたった今、気づきました(汗)。

このお店の名は…『ロハス珈琲店』です♪

川越には夜、気軽に入れるコーヒー店が(スタバを除けば)意外に少ないのでそういう意味でもポイント高しです(^^)
味も雰囲気もなかなか良さげなお店なので今後も要チェックです♪

とりあえず…

ハーブティーから完全制覇するのが現在のプチ目標…かな??(苦笑)。

昨日はグルメな一日でした♪

昼食には地元川越では有名な『いも膳』といういも料理の専門店で名物の『いも懐石』を食べてきました。
出てきた9種類の料理の中にはいもが主役のものあり、脇役としてさりげなく散りばめられているものあり、という感じでどれもみな美味しく食べることができました。

気になるお値段ですが、今回食べた9種類のもので¥5,500。
これでもう少しだけリーズナブルなら完璧なんですけどねぇ…(苦笑)。

これらについての詳細はいずれHPの方へUPする予定ですが、マイパソコンはただいま修理中につき、HPの更新が出来ない状態なので復活まで今しばらくのご猶予を(苦笑)。

お芋のフルコースを堪能した後は、なぜか宇都宮へと移動…(汗)。
目的はもちろん、宇都宮名物の餃子です(大汗)。

宇都宮餃子で特に有名なのは『みんみん』と『まさし』です。

…で、今回は『まさし』の方に向かうべく、カーナビをセットした『はず』なんですが、着いた所はなぜか『みんみん』の方でした(汗)。

事前にどちらの店も間違いなく美味しい、というリサーチをしておいたので、そのまま『みんみん』で食べることにしました。
ちなみに宇都宮のあちこちにたくさん支店がありますが、今回行ったのは『みんみん本店』です。

ちなみにこの『本店』というのがポイントなんです。
なぜかと言うとチェーン店の中には微妙に焼き方とかが違う、ということがあるからです。

そういう意味では『本店』は基本的にその店発祥の地ですから、間違いないのは言うまでもありません。

…ということで18時半ころに店の前に来たときにはすでに20人以上の人が並んでいました。
おかげですぐにこの店がみんみんだということが分かりました(苦笑)。

30分ほど並んでようやく店内に入り、焼き餃子、揚げ餃子、水餃子の3点を注文しました。
店内には7人ほどの従業員がいて、大パニック状態でお客さんをさばいていました。

餃子は焼き、揚げ、水、の順番で出てきました。
もちろんどれも美味しかったですが、やっぱり普通の焼き餃子が一番美味しかったです。

本当は『まさし』の方に行く予定でしたが、以前のお土産で貰って自宅で食べたことがあったのでこれで『みんみん』と『まさし』の両方を食べたことになります。
もっとも『まさし』の餃子は焼き方がほかの店とは少し違うそうなので(水を多めに張って作る)、いずれ実際に店頭で食べてみたいと思います。


『いも膳』同様、『みんみん』のレポートもパソコンが復活したらぼちぼち作る予定です(^-^)。

20041114145623
携帯カメラなので画質が悪いんですけど、OとKとNの文字の右下がはがれかかってしまいました。

今日のブログは携帯から書き込んでいます。
なぜかと言うと昨日、パソコンを修理に出してしまったからです。
修理と言ってもパソコンの内部が壊れたわけでなく、キーボード交換のためなんです。
というのは昨年12月に購入してからまだ1年も経っていないのにキーボードに書かれた文字の一部がはがれはじめてしまったのです。
そこで購入店に持ち込んだところ、そのままメーカーに出すことになったのです。
ということで現在、家ではネットが繋げないため、明日からしばらくの間は会社のパソコンからこそっと書き込む予定です(苦笑)。

突然ですが皆さんは『自動車リサイクル法』なるものをご存知でしょうか?

この法律は来年(H17年)1月1日より施行される新しい法律で、基本的にそれ以降に自動車の車検を取得するとき、それまでに加えて新たにリサイクル料金を払わなければならなくなってしまうのです。

その金額は車種によって様々なんですが、(手元の資料によると)乗用車でだいたい7千円~1万8千円くらいでトラックだと1万円~1万6千円程度かかるようです。

もっとも正確には預託なので『一時預かり』という形だそうなんですが、考えてみれば消費税にしても同じ形をとっている訳ですから実際の感覚としてはやはり『新たに負担する』、というほうが正しい感覚ではないかと思います。

実際の流れとしては、クルマを廃車するときに出る『エアコンガス(フロンガス)』、『エアバッグ』、『シュレッダーダスト(粉砕したもの)』、の処理に対しそれぞれの料金をユーザーが新たに負担してクルマのリサイクルを推進する、というのが趣旨のようです。

では、「それまではどうしていたのか?」と言うと、フロンガスに対してはこれまでもフロンガス券というものがないと廃車できない、というシステムがありましたが、それ以外のものに対しては基本的にすべてシュレッダーダストにして最終処分場へと埋め立てられていました。

ところが、この最終処分場がこの分では数年で満杯になってしまうため、それまでよりも細分化した条件でリサイクルする必要性が出てきたのです。

ただ、それには手間とお金がかかるため「その方がいい」と思っていても実際にはなかなか実行されませんでした。
そこでまず、それらを解決するため『自動車リサイクル法』が成立し(&H14年7月に公布され)、H17年1月より本格施行することが決まったのです。

それなのについ最近まで、そんな法律が出来ていたことすら知らなかった私(汗)。

会社で車両管理担当をしている立場の人間としては、誠にお恥ずかしい話なわけでして・・・(大汗)。

そこで、早速昨日あたりからあちこちのディーラーに問い合わせてみたんですが、そのほとんどが「勉強中(&研修中)」とか、「正直言って良く分からない」、とか・・・

ならば、と地元の某車検場に問い合わせるも何度掛けても電話がつながらない・・・
それでもめげずに掛け続けていたら20回目くらいにようやく電話がつながりました。

ところが、そこで応対してくれた担当の方でも良く分からないとのことで、どうやら手元にある資料を見ながら説明しているようでした。

・・・で、さらに突っ込んだ質問をしていたら、「良く分からないので『通産省』ないし『環境庁リサイクル対策室』のほうで詳しく訊いてみて下さい。」と言われてしまいました。

早速教えてもらった『通産省』の連絡先に電話をして見ると、今度は一発でつながりましたっ!

そして、それまでのどこで訊くより『きちんと、かつ分かりやすく』教えてもらうことができました(^^)。


そこで仕入れた話を総合すると・・・

『自動車リサイクル法』は来年1月1日より施行、ただし猶予期間があって1月中はリサイクル券が無くても車検を受けられるそうです。
そして2月1日からはリサイクル券がないと正式に車検を受けることが出来なくなるそうです(=預託金を新たに負担しなくてはいけない)。

ちなみに私のクルマの次の車検日は来年2月12日なので、1月中に出せばリサイクル券なしで車検を受けられる、ということになります。


・・・ということで現在のところ『自動車リサイクル法』に関してはおそらくディーラーの人間よりも詳しいのではないかと自負しております(苦笑)。

7日にネット通販で衝動買いしてしまったパナのデジカメ(FX7)ですが・・・昨日、無事手元に届きましたっ!

中身や保証書が間違いないことを確認してから早速、バリバリ使いこなすために説明書を熟読中です。
ということでまだ、使ったわけではないんですがまず、パッと見の印象からお知らせいたします・・・

青好きの私が今回選んだデジカメのボディカラーはもちろん青です。

実際に見た感じでは鮮やかな青というよりは、紺に近い感じでした。
何ていうかしっとりした青、というかとにかくそんな感じの色です(笑)。

そして予想外だったのが手に持ったときの印象でした。
金属の冷たい質感がないだけでなく、滑りにくいのです。

これはコンパクトカメラとしてはかなりの高得点です(^-^)。

このカメラはコンパクトデジカメでは唯一の『手ぶれ防止機能』がついていて、ある程度のブレを防ぐことが出来ます。
ただ、ブレないように撮ることができるのに越したことはないので「カメラ本体が滑りにくい」というのは持ちやすさと共に重要なポイントです。

もっともこのカメラ、光学ファインダーがないんです。
ですからこのカメラで撮影する時は背面の液晶モニターを見ながら、ということになります。

となると、今までのカメラのようにファインダーに顔を押し付けて息を止めてブレないようにして撮る、ということが出来ないんです。

しかしながらそれを補う形として手ブレ補正機能が付いている、と考えれば無理してファインダーを付けない、という設計の段階での割り切り、というか思い切りのよさすら感じてしまいます。

実際はこの大きな(2.5インチ)液晶を搭載したために光学ファインダーを付ける場所がなくなってしまった、ということもあるんでしょうけど・・・
また、もし付けたとしてもサイズ&価格UPにもなってしまうでしょうし。

・・・あとは使っていく上で欠点とか改善点とかが見えてくると思いますが、『道具はカッコいいことが重要なポイント』という考えの私としては、もう十分合格点でございます♪


でも・・・

ホントは画質とか電池の持ちとかが『密かに』気になってたりもする・・・(苦笑)。20041112214941.jpg


今回の教室では先週造ったぐい呑みの底部の仕上げと素焼きが済んだマグカップの絵付けをしました。

最初にぐい呑みの方を始めたのですが、底部の仕上げ方を例のごとく半分以上忘れかけていたせいで、なかなか作業がはかどりませんでした。
たった2つのぐい呑みを仕上げるのに1時間以上もかかってしまい、見かねた先生にもう一つのぐい呑みを仕上げてもらっちゃいました(汗)。

その次に素焼きが済んだマグカップのヤスリ掛けと絵付けをしました。

前回のコーヒーカップのときと違い、今回は2つのカップに描くだけなので比較的気楽でした。
が、何を描こうかなんてことは全く考えていなかった私・・・(汗)。

慌てて絵の見本が載っている本をぱらぱらめくってこれなら私にも描けそうだ♪というものにしました。

さて、それは一体何の絵なんでしょうか?
一応、写真を載せて見ましたが、分かるかな~??20041111234205.jpg


数日前、以前から欲しかったデジカメを思わず衝動買いしてしまった私ですが、その時ネットでとぉ~ってもステキな時計を発見してしまいました。

クルマと違い時計には別段こだわりを持っているわけではないので、それまであまり興味がありませんでした。

ただ、Gショック以外にちゃんとした時計(っていうのも変な表現なんですけど)は今年のお正月に買ったSEIKOの『キネティックオートリレー』くらいしか持ってないので、TPOに合わせたものをいくつか欲しいなぁ、と密かに考えていました。

ちなみに私の好みは、まずバンドが皮製であること。
これはデザインうんぬんの前に、手に巻いたフィーリングが皮じゃないとダメなんです。

その次はデザイン。
カッコいいのはもちろんですが、あんまりゴッツイのもちょっと・・・

そしてもちろん価格はリーズナブルなものに越したことはありません。

そんな私がそれまで狙っていたのが、『フォリフォリ』か『ランカスター』の(四角いタイプの)時計でした。
文字盤に描かれた数字が大きくてオシャレなのがどっちも甲乙つけ難しだったので、それらにターゲットを絞りつつネット巡回をしていました。

が・・・

そんな中、「ハッ!」と息を飲むようなステキなデザインの時計が目に入ったのです!

その名は『リトモラティーノ・ステラ』。

真ん丸な文字盤に星が広がるようにちりばめられてて、めっちゃオシャレじゃないですか♪
そんなアナタに思わずヒトメぼれです(^^;。

ちょっと厚みがあるのが難点ですが、このデザインの前にはそんなものは『アバタにエクボ』でございます(苦笑)。
ということで先述でゴッツイのはちょっと・・・なぁんて言いましたが、ここで前言を撤回させていただきます(汗)。

ただ・・・

つい数日前にデジカメを衝動買いしちゃったばかりの私。
物欲に駆られ、このままあれこれ買い続けていてはあっという間に財政破綻になることは目に見えているわけでして。

しばらくは(食欲同様)物欲を抑える日々が続きそうな予感です・・・(-_-;

ちなみに『リトモラティーノ』の時計は私の地元だと丸井で扱っているようなので、近いうちに見に行こうと思ってます。


あ、いや、その・・・ホントに見るだけですよぉ(汗)。

見るだけならタダなんで・・・(大汗)。

昨日から背中のスジが痛くて仕事がキツイ状態です。
特に腰をかがめるときがつらいのなんのって・・・。
これはもしかして土曜日にヨン様なんて言われて浮かれてたバチが当たったのかも知れない(苦笑)。


昨日は恒例の月9ドラマ『ラストクリスマス』の日でした♪

夜8時半前に帰宅してすぐお風呂に入って、夕食を食べ終えるといつもちょうど9時くらいなのでチャンネルを替えてからそのままテレビにかじりついていました。

このドラマを見るきっかけになったのはストーリーうんぬんというより、大ファンの矢田亜希子ちゃんが出てるから・・・(大汗)。
もちろん主演の織田裕二さんも好きだし、そのほかの脇役陣も玉木宏さんとか片瀬那奈さんなど好みの俳優&女優さんが多いので、第一回目の放送を見てからはすっかりこのドラマにハマッてます(^^;;;

ということで昨日も一切の雑念を振り払い(笑)、携帯もマナーモードにしてから(爆)テレビに吸い込まれながら見ていました。

ただ・・・

一つだけ気になったのが『青井由季役の矢田ちゃん』がドラマ終盤でクルマ(MT車)を運転していたシーンです。
ヒールアンドトゥ(アクセルとブレーキを同時に踏んで運転する高度なテクニック)を駆使してのドライビングですんごいカッコ良かったんですけど、ヒールを脱いで運転するのって結構難しいんです。

靴を脱いで運転する、ということは素足(かそれに近い状態)でアクセルとかクラッチ(MT車の場合)を踏まなくてはいけないのですが
普段、靴を履いて運転することに慣れているのでそういった状態で運転するのってとっても違和感があるんです。

まず靴底の高さがない分、ペダルを余分に踏み込まなくてはいけないし、その時の足の裏が何か変な感じなんです。

仕事柄、私も会社のクルマに乗ることがあるのですが中には土禁(土足禁止)のクルマがあります。

となるとそのクルマに関しては当然、靴を脱いで運転しなければならないわけで、これがやりにくいのなんのって・・・
何ていうか足の裏が変な感じで、まるで初心者に戻ったかのような気分が味わえます(苦笑)。

ちなみに本人が乗る時は(持ち歩いている専用の)サンダルか何かを履いて運転してると思われますが。

だから矢田ちゃんが運転してたあのシーンは「確かにカッコよかったけど、実際は凄い難しいんだよなぁ」、と変な所に注目&感心しながら見ていたのでした(^^)。

あ、もちドラマ本編もすご~く感動的でしたよん♪
けなげな矢田ちゃんに思わずウルっときちゃったりして・・・(汗)。

最後に木々に一斉に明かりが灯ってライトアップされたシーンなんてとってもステキでした!

「実際はあんな展開、有り得ないよぉ~」、なぁ~んていう細かい話はこの際抜きにしましょう(笑)。
だってドラマなんだから(^^;


そして・・・

やっぱ矢田ちゃんは『超カワイイ♪』ということを再確認しました・・・(大汗)。

一昨日(6日)のトールペイント教室は他の生徒さんの申し込みがなく、またまた私一人でした。
マンツーマンの教室は先生を独り占めできて、それはそれで良いのですが「にぎやかにやるのもいいかなぁ」な~んて密かに思ったりしてました(笑)。

そのときです!
トールペイントの本を手にした、ある方が先生のところにやってきました。

もしかして、この方はトールペイント教室の生徒さんかも?
・・・いや、間違いない!

ところが、よくよく話を聴いてみるとお店に来たのはこの日の教室に参加するためではなく、次回の作品のアドバイスを聞くために訪れたそうでした。

要するに生徒さんなのは間違いないのですが、他の日(の生徒さん)だったんです。
うーん、残念・・・(^^;

ちなみにエアロビのインストラクターをなさっている方でした。

そこで、その方(と先生)に他の曜日の様子を聞いてみると、
「平日(のトール教室)はおばあちゃんとかご年配の方ばかりだから、他の日だったら『ヨン様状態』で取り合いになるかもね♪」

「ヨン様状態って・・・(汗)。それは遠慮した方がよさそうですねぇ。」と思わず苦笑してしまいました。

そして、その方が描こうとしている作品の見本を見せてもらったら・・・

す~んごく細かくって繊細な風景&人物画でした。

どう見てもごまかしなどで描けるようなレベルではなく、シェードあり、見たこともない(としか思えない)技を駆使したような作品でした。
こんなレベルのものが描けるのは一体、いつのことになるのだろう・・・?とちょっとだけ凹んでしまいました(-_-;。

まあ、トールは「一気に上達する」なんてことは無いので、ひたすら練習あるのみらしいのですが、その時間がなかなか取れないんです(涙)。
昨日だって「ま~ったりしてた」だけで結局、なぁんにも描かなかったし・・・(汗)。

でも、ホントは『ステンドグラス』にも挑戦したいし、『手作りの(革)カバン造り』とか、やりたいことは山のようにあるんですが現在のところ、これ以上趣味は増やせない(=時間がない)ことが判明したので「やめておこう♪」と心に誓った私でした(^^;

今日は家から一歩も出ないでゴロゴロしてました。
なーんの予定も立てず、まーったりと過ごしたのは一体どれくらいぶりだったんだろう?

と言っても朝は普通に目覚めてしまった(6時半)ので、新聞に目を通したりテレビを見たりしていたらいつの間に睡魔が。
しかーし!今日は何の予定も入れてないので、二度寝することに(汗)。

テンピュールの枕に包まれながら、しばし睡眠・・・

で、目覚めたのがな、なんと14時半でした(大汗)。

あと数時間で日が暮れてしまう、という何とももったいない一日なってしまいましたが、おかげさまで心と体のリフレッシュができました(^-^)。

普通はあちこちお出掛けすることでストレス発散を計るんですが、私の場合はのんびりする方がリフレッシュになるみたいです(苦笑)。

その後も、ネットサーフィンなどをしながらまーったりと過ごしました。

が・・・調子に乗って、ついついお買い物を(汗)。


以前から気になっていたデジカメ・・・とうとうGETしてしまいましたッ!!
手ぶれ防止つきコンパクトデジカメの、パナソニックの『DMC-FX7(青)』です♪

ちなみに今、使っているデジカメは(当時では高画質の)300万画素タイプのものでした。

機能的にはそれほどのものではないのですが、デザインがあのアタッシュケースで有名な『ゼロ・ハリバートン』のものなんです。

ですからそれまではどんなに高機能で高画素タイプのものが発売されても「こっちのデザイン(ゼロハリ)の方がいいから」と自分の心に言い聞かせ、ガマンし続けてきたんです。

でも、パナのFX7はデザイン良し、色良し、機能良し(手ぶれ防止など)、と3拍子揃っているもので問題は価格面(今まではちと割高だった)だけでした。

ところが今日、何気なくネットサーフィン中にチェックしてたら・・・や、安いっ!!
んでもって在庫があと1台のみ、となっている・・・

・・・結局、5分後に「購入する♪」のボタンをクリックしてました(汗)。

今週中に手元に届く予定です。
せっかく買ったんだからどんどん使いこなさなくっちゃね♪

ということで、来週からバンバン活躍させる予定ですっ(^^)。
    続きを読む