2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2013.12.16 (Mon)

陶器のお馬さんと絵付けが終わったカップなどをまとめて仕上げました♪

木曜日(12日)の陶芸教室の話です♪

この日はまず・・・
IMG06889.jpg
先週の時点で素焼きが終わってた陶器のお馬さん(5体)の仕上げをすることにしました。

やすり掛け&ロウ付けのあと、鉄で軽く絵付けをしました。
IMG06890.jpg
塗り終わりましたの図。

IMG06891.jpg
たてがみ、尻尾などをこ~んな感じに塗ってみましたぁ!

IMG06892.jpg
お目目パッチリになりました(^^)

IMG06893.jpg
斜め後ろからの眺め。

IMG06895.jpg
そして真上からの眺めです。

IMG06896.jpg
釉薬は右の3体は灰釉、左の2体は赤志野にしました。

赤志野の釉薬は厚めに乗るんで、ある程度手で削ぎ落としました。
焼成は還元でお願いしましたが、果たしてどんな仕上がりになるのでしょうか??



まだ時間があったので、引き続きそれまでに焼き上がっていた作品の仕上げもすることにしました。

IMG06897.jpg
紫釉で酸化焼成した作品たち。
(御飯茶碗×5、取っ手付きカップ×3、湯飲み×3)

本焼きは終わってるのでこのままでも使えるんですが、ラテックスで抜いて色付けした箇所に釉薬が乗っていないためザラザラになってるのを何とかしたい。

「どうすれば良いか?」と先生に訊いたところ「その上に透明釉を塗れば良いでしょう」とのこと。
そうすることによって色の付いた部分の保護(汚れ防止&つや出し)になるからです。

IMG06901.jpg
小分けにした透明釉を用意してもらい・・・

IMG06898.jpg
絵の部分に・・・

IMG06899.jpg
筆で塗り塗りしていきました。

先生から「(お馬さんを仕上げてる間)ファンヒーター前に作品を置き本体を暖めておけば素早く乾燥できますよ。」とアドバイスを受け、その通りにしたんですが効果歴然。

塗り塗りするとあっという間に乾いていきました。
さっすが先生!ナイスアドバイスです!!(^^)

IMG06903.jpg
カラフル湯飲みも同じように塗り塗り。

IMG06904.jpg
これまたあっと言う間に乾いちゃいます。

IMG06906.jpg
取っ手付きカップも同じように塗り塗り。

IMG06910.jpg
最後に余分にはみ出た透明釉を拭き取ってこの日の作業、終了~♪

もう1度、酸化焼成してもらえば今度こそ完成っす。
年内に焼成が間に合うとイイんだけどな~(^^)
スポンサーサイト
08:10  |  陶芸教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doublek.blog1.fc2.com/tb.php/4243-bb2046b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |