2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2015.10.04 (Sun)

B3のATミッション警告灯が突然、点灯(>_<)

日曜日(27日)の話です♪

この日は小鹿野町にある両神山麓花の郷で開催されたダリアまつりを堪能してきたんですが(当日プチレポート参照→)帰り道の途中、愛車B3のメーターパネル内に見慣れぬ警告灯が点きました。

R299秩父市内走行中、マニュアル変速をしようとしたのに反応しないんで「あれ?」と思ったんですが、その時メーターパネルを見たら・・・

DSC_2384_20150928141854d6d.jpg
↑この表示↑が出てたんです。

後でググったところ、ATミッション警告灯でした。
このモードになってしまうと3速固定になるんで、何が起こったのかはすぐに理解できましたが。

ちなみにこの少し前にキリ番(111,111km)を達成してたようなんですが、すっかり忘れてました(って言うか今はそれどころじゃない^^;;;)。

シフトをマニュアル変速モードに入れても、警告灯が出たまま変わりません。
仕方なく3速固定のまま自宅まで走りました(涙)。

敷地内でバックギアに入れたとき、いつもよりやや大き目なシフトショックを伴いつつ後退し、エンジンキーをOFFに。
「再始動して消えてくれれば良いんだけど、もし消えなかったらディーラーで診てもらわなきゃだな~。」などと考えながら、エンジンを掛けてみたら・・・

DSC_2385_201509281418557fa.jpg
警告灯は消えていました(ホッ^^)。

「消えてマジ良かったぁ~!!」

後でググったところ、某サイトには・・・

「ATセレクトレバースイッチの接触不良で、あまり乗らないクルマに多く出るようです。
ATレバー付け根のプレートはずして接点がありそうな場所に接点復活剤を吹き、レバーをガシャガシャ動かしてなじませたら、以降一切症状は出なくなりました。」

・・・と書かれていました。

私のB3も、動かしたのは2週間ぶり。
「あまり乗らないクルマに多く出るようです」にバッチリ該当しています(^^)

とりあえず様子を見て、もし再発するようだったら、まずATプレート内の接点周りに接点復活剤を吹いて、それでも治まらなかったらディーラーで診断機チェックしてみようと思いますっ!!

過去、ATミッショントラブルで2回もミッションO/Hしてるんで(2007年10月2013年5月。当時の日記参照→ココココ)、ミッション系のトラブルはもうこりごりなんだけどな~(苦笑)。



DSC_2386.jpg
ホッとしたところで、汚れたB3の洗車♪
駐車場がぬかるんでて、タイヤ&フェンダー内がドロドロになってたんで(^^;

DSC_2387_2015092814185879b.jpg
洗車しながらエンジンルームの籠った熱を放出。
クールダウンしてからシートを掛けましたとさっ。
スポンサーサイト
08:10  |  クルマ(BMW&アルピナ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doublek.blog1.fc2.com/tb.php/4935-524cd4d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |