*All archives* |  *Admin*

REMIXの残り作品チェック&六角形花瓶の仕上げと来年の干支(酉)造り♪
17日(木)の話です♪

この日は木曜恒例の陶芸教室。
ってことで仕事の後、教室に向かったんですが、先週見そびれた川越REMIXチェックのため、プチ寄り道することに。

まずは大正浪漫夢通りへ。
プリントアウトした地図には載ってたんですが、何故かこのポイントだけ見落としていたんです(^^;

~以下、川越REMIX紹介ページより抜粋~

「大正浪漫夢通りイルミネーション」
ライトアップゾーンを一本入ったところに、それはあります。
優しい円(縁)の灯りのもと、通りを歩いてみませんか。

夢通り南側(熊野神社)から歩いていくと・・・
DSC_1923[1]
「おぉ、これだこれだ!」

DSC_1927[1]
お店ごとに2つの円形イルミネーションが。

DSC_1929[1]
UPで見るとこ~んな感じ。

DSC_1932[1]
北側から見るとこ~んな感じ。

良く見ると・・・
DSC_1931[1]
北側一番端のイルミネーションだけ、円と流れ星のコンビになってました!

そのあと、先週唯一イルミネーションが未点灯で見れなかった、札の辻ポケットパークへ。
今回は点いてるかな~??

交差点近くに行くと、点灯している作品が見えてきました!

DSC_1933[1]
白色かと思っていましたが、真っ赤なイルミネーションでした。

DSC_1935[1]
正面から見るとこ~んな感じ。

DSC_1936[1]
左側から見るとこ~んな感じ。

DSC_1937[1]
裏側から見るとこ~んな感じ。

DSC_1938[1]
この日のイルミネーション色は赤でしたが、HP紹介写真では白だったので、もしかすると色は自由に変えられるのかも知れません。
これで今年のREMIXイルミネーションを全て見ることが出来ました♪
めでたしめでたしっす(^^)



そして、いつもよりちょこっとだけ遅れて(19時40分に)教室に到着。

まずは前回やり残した六角形花瓶の仕上げから。

DSC_1939[1]
絵の具を塗りまくってたんで、くっつかないよう包装紙で巻かれてました。

まずは釉薬浸け。
灰釉も捨てがたかったんですが、白萩をセレクト。

DSC_1940[1]
まず、柄杓で掬った釉薬を内側へ流し込んでクルクル回し、全体に行きわたらせてから外側へ掛けました。

DSC_1941[1]
底部6か所のラテックスはしっかり釉薬を弾いてました。
底部の余分な釉薬を落としたところで一旦中断。

来年の干支(酉)作りをすることに。

DSC_1943[1]
まず、先生に作り方のコツを説明してもらいながら見本を作って貰いました。

それを踏まえて、1個目を作ってみました。
DSC_1946[1]
完成~♪
ちゃんと酉(ニワトリ)に見えるかな?(^^;

DSC_1947[1]
首は左に曲げてみました。

作り方は分かりましたが、途中経過の写真も撮っておかないと、次回作るときに忘れてしまいます。
・・・ってことで2個目は途中で写真を撮りながら作ってみました。

DSC_1951[1]
まず胴体をこ~んな感じに成形してから・・・

DSC_1952[1]
くちばしなどを成形していきます。
そのあと頭の上に鶏冠(とさか)部分をくっ付け成形。

くちばしの下に鉛筆などで穴を開け・・・
DSC_1955[1]
その部分に小さく丸めた粘土を押し込み、鶏冠を成形し・・・

DSC_1956[1]
眼はつまようじにビーズを刺したもので型押し成形し・・・

DSC_1957[1]
円錐を軽く押し付けて羽根を付けたら・・・

DSC_1958[1]
完成デス(^^)
尻尾は好みで入れても入れなくても良いと思いますが、今回は入れました。

同じようにあと3羽作って・・・

DSC_1961[1]
今回は5羽、出来ましたぁ~(^^)

DSC_1962[1]
先生の見本と比べると何か微妙に違うんですが(汗)、気にしない気にしない(^^;

DSC_1964[1]
まぁ、私らしいデザインになったんで良しとしましょう♪

DSC_1963[1]
上から見るとこ~んな感じ。
どれもみな首を傾けてます。

干支作りはこれで終わりにして、先ほどやり残した花瓶の仕上げ作業の続きをします。

DSC_1965[1]
砂入り粘土(だと思う)をラテックスで抜いた数(12個)だけ丸めて・・・

DSC_1967[1]
剥がした箇所に糊で貼るだけ♪

DSC_1968[1]
「普通に置いて大丈夫ですよ」とのことだったんで・・・

DSC_1971[1]
そーーーっと置いてこの日の作業、終了っす。

DSC_1969[1]
御覧の通り、底部はしっかり浮いてます。
これなら本焼きで底部の釉薬がくっ付くことは無さそうです。

あとは本焼きを待つのみですが、絵の具を塗った箇所が白萩の下からどれくらい浮き出てくるのか?
はたまた全然浮き出ないのか?

焼き上がりを楽しみに待つことししま~す!(^^)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

だぶるけい(ダブルK)

  • Author:だぶるけい(ダブルK)
  • BMW(アルピナ)をこよなく愛するクルマバカでしたが、H28年4月にフォルクスワーゲントゥーランに乗り換えました。
    趣味は愛車のモディファイ、ドライブ、陶芸、トールペイント、写真、パソコン(ネットサーフィン)、F-1観戦、グルメ(甘いものと肉が大好き♪)、ショッピング(衝動買いが得意^^;)などなど。
    まだまだやりたいことがたくさんありますが、お金と時間が常に足りなくて困ってま~す(^^)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク