だぶるけいの活動日記♪

その日、ふと思ったことや感じたこと、また気付いたことなどを何となく書き留めている日記のようなものです・・・

DSC_0014_20170710170912a14.jpg
狭山市の北入曽に↑こ~んな場所↑があります。

「何なのか?」と言うと・・・
DSC_0021_2017071017111667d.jpg
左手にある石碑に答え(七曲井)が。
答えは「井戸」で~す!

現在の井戸は堅掘り(たてほり)ですが、その技術が未発達だった古来(平安時代)は漏斗状(ろうとじょう)の井戸を掘っていて、この「七曲井」もそのひとつ。
狭山市には同様な形状の井戸跡がこのほかにももうひとつあって(堀兼の井)、私自身も4年ほど前に行ったことがありました(当時の日記参照→)。

「堀兼の井」にも井戸の解説がありましたが・・・
DSC_0015.jpg
こちらの方が漏斗状井戸について、より詳しく書かれていました。

ちなみに狭山市のHPにも紹介されてました(ココ→とココ参照→

写真を撮っているときは良く見なかったんですが、図を後でじっくり確認したところ・・・
DSC_0017_20170710172144342.jpg
向かい側に「見学場」が設けられていて、そちらから見た方が良いことが分かりました(七曲道が正面奥に見える)。
ただ、今回に関しては雑草が生い茂っていたため、もし向かい側から見たとしても、七曲道などは見れなかったと思われ。

DSC_0018_20170710170915595.jpg
真ん中にある、四角いのが井戸の入口(井戸桁)らしい。

DSC_0019_20170710170916124.jpg
スマホなんでUPで撮ってもこれが精一杯。
右手に見える盛り土(補強土塁)は井戸桁が埋もれないようにしたもので、当時のものではないそうです。

DSC_0022_201707101711184c7.jpg
補強土塁を正面から見るとこ~んな感じ。



DSC_0020_2017071017091847d.jpg
ちなみに七曲井の手前にある建物は(左手の石碑にも書かれている)観音堂。

DSC_0024_20170710171120fce.jpg
この観音堂に中には・・・

DSC_0023_201707101711191bf.jpg
御本尊の木造聖観世音菩薩坐像が安置されているそうです。
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://doublek.blog1.fc2.com/tb.php/5649-778ef85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック